スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

中学校の開放週間初日~雷親父出動!

今日から一週間、息子と娘が通っている中学校の学校開放が行われている。
二人とも不登校状態であるため、学校の実態を確認するため、14時半頃、学校に行ってきた。

息子の学年である3年生は、非常に礼儀正しい。
私が通ると「こんにちは」とあいさつがすぐに出てくる。
さすがは、先日の修学旅行でも非常に行儀がよく、行程がスムーズに進み、
民泊先でもよくしていただき、本当に感謝して帰ってきた学年だ。
(息子も修学旅行に参加できたが、「よく帰ってきてくれた」とクラスのみんなが快く迎えてくれました)

ところが、娘の学年である1年生は、悪行の数々。
まずは娘が不登校になる原因になったいじめが、全くなくなっていない。
そして、ここからはあきれ返るくらいの悪行。

宿泊学習での出来事
・宿泊学習先で持ち込み禁止のお菓子を堂々と食べ散らかす
・宿泊先のお風呂の浴槽にシャンプーをまき散らし、お湯をなくしてしまった
・その他悪行を繰り返したため、2日目が反省会になってしまった

学校内での出来事
・他のクラスの授業の邪魔
・他のクラスとのケンカ(体育の時間など)
・授業妨害(トイレに行った生徒を待って、まじめに授業に取り組もうとしている生徒の権利を妨害している)


そして今日の学校開放。雷親父がとうとう出動しました!
・掃除時間に風船を持ち込み、その風船に水をため、廊下で割り、水浸しにする行為
 (これは私が到着直前に起こった出来事だったので、何人かが水浸しになっているので、おかしいな、
  と思いました。)
・親御さんへの挨拶がまったくできないどころか、私には「あんただれの親?」と直接言われたので、
 「そんなあいさつでいいのか」と直接叱ってやりました。
・ホームルーム中の他クラスからのちょっかいが重なったので、クラスのカギを閉めさせて、
 「何やってるんだ!迷惑だ!まだ授業終わってないだろ!いい加減にしろ!」と叱ってやりました。


こんな中学校、親として平気で通わせることができますか?

もちろん、今日のことは、校長・教頭・学年主任・学級担任に伝えました。
(もう以前から伝えていますが、反応が全くないのが正直なところ)
とにかく、「挨拶はまともにやれ!」と明日の生徒集会で伝えろ!とお願いしました。

あわせて、今日のホームルームで、娘が学校に来ていない理由もしっかりクラスのメンバーに話しました。
(同時に、戻ってこれる環境づくりもお願いしてきました)

学校の対応にも非常にあきれるくらいに怒り心頭です。これまで何をやってきたんだ、と言いたいくらいです。
現時点での対応としては、教育委員会(市・府とも)、子ども家庭センターと連携して、何とかせい!と
親・学校とも努力している(むしろ親が学校以上に努力している)ところです。

明日の学校開放、父親としてもう一日行かせてもらいます。まず挨拶がまともにできるよう、そして
授業がまともにできるように!「雷親父」をしばらく続行いたします。
スポンサーサイト
テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

Tag:子育て  Trackback:0 comment:5 

苦しみは突然やってくる・・・。

2011年5月、いろいろな出来事が私たち家族を襲う。

まず私。職場でさまざまな事件が起き、その責任を取らされる?形で、反省文を書かされる。
その上、体調不良で長期休養し、出勤していきなり人事面談。
このような状況ではいろいろな面で打開できないと判断して、職場異動を要望。
そのうえで、6月3日から、自分を見つめなおし、家族(後述)のことを整理するまでの長期年休を
指示される。(ふつう、年休というのは自分で決めるものだが、会社に指示される年休はこれで2度目)

家内。家庭のことでのストレスがたまり、子供に虐待まがいの暴言を吐くようになる。
そのため、少し落ち着かせるため、病院に通ったが、そこでもらった薬を大量に摂取し、かえって
体調が悪くなる。
今後は健康診断と自律神経失調の疑いがあるため、内科に通わせることにした。

子供たちは相変わらずの不登校。上の息子は修学旅行には通常通り行けるように回復。以前あった
暴力もなくなったが、不安やイライラは解消されないため、6月末に精神科(もう少ししっかりした所)
に行くことになった。

下の娘は、母親の虐待のターゲットになったり、中学での授業妨害などに不安をかかえ、また自身が受けた
いじめが原因で不登校になり、子ども家庭センター経由で以前入所した施設に一時預かりとなった。

こんな様子で、突然やってきた困難。どう向き合えばいいのか、現在格闘中である。
テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

Tag:不安障害 

腰の痛みに耐えられず・・・

腰が数週間前から痛い。

ぎっくり腰との診断だが、重いものを持った記憶は・・・ない。

それでも、歩けないくらいの痛みを背負っていた。

一度よくなりかけたのだが、昨日あたりからまた痛みはじめ、

今はチック状の塗り薬ではなく、湿布を貼っている。

もちろん痛み止めの内服薬も・・・。


早く良くならないかなぁ・・・。

Tag:通常の日記  Trackback:0 comment:0 

平穏な生活に戻ったものの・・・

2月4日に、下の娘が長期隔離状態から戻ってきた。
隔離3日目あたりから、「帰りたい」を連発していたようだが、本人も、また迎える家族も
2週間以上は隔離生活を余儀なくされることを通告されていたため、普通に生活していた。

かえってきて、娘の誕生会を今日行ったのだが、ようやく家族で過ごす時間を与えてもらうことができて、本当にほっとしている。
自分自身はしばらく大好きな合唱の練習を休んで、家庭生活を取り戻すことに全力を注ぐことにした。
会社での生活も大切で、本当に大切な時なのだが、それ以上に家庭生活は支えになるので、何とか早くリズムを取り戻したい。

Tag:子育て  Trackback:0 comment:0 

恐れていたことが現実に・・・

下の娘が、息子の暴力に耐えかね、自分から「一時隔離」を申し出ることになった。
先週の金曜日から、一時的に公共施設に一時隔離されている。

私はその経緯をまったく知らされていなかったので、非常に驚いた。
息子の娘に対する暴力(自分では記憶がないらしいのだが)が日常的になり、
これではまずい、と思っていた矢先であった。


まず娘が学校に行かないと「何でいかない」と怒って殴ったり、
何かと命令口調で娘に話しかけるし、
娘の友達にちょっかいを出したり・・・。


息子の行動には手を焼いていたのは事実だが、若干病的な部分があるかも、ということで
精神科のクリニックに通わせているところ。
娘はどこでケアをするのか・・・。

現在娘が隔離されてから1週間経過。息子は落ち着きを取り戻しつつある。
娘がいなくなってからの寂しさを、本人なりに感じているのだろう。

2月の娘の誕生日は一緒に祝ってやれないかもしれないが、戻ってきたら、
しっかりと受け止めてあげたいと思っている。

Tag:子育て  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

Author:ともくんおやじ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません


1964年生まれ。二児の父。
現代病である「不安障害」に悩む。
元「Ⅱ型糖尿病予備軍」を、
ダイエットと節制で乗り切る。
消費生活アドバイザー24期生でもある。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。